SERVICE & TECHNOLOGY

当社のコアバリューは、製品の特性に応じて設計する
マイクロ波プラットフォーム技術です。
電磁気学・化学・機械工学など、さまざまな領域の
専門家からなる開発チーム、
そしてラボから実証施設まで備えた、
ソフト・ハード両面の開発インフラがこの技術を支えています。
製品ごとに、基礎研究から実証開発まで対応できるのが強みです。
お客様のご要望に応じて基礎研究から実証開発まで対応しています。

事業スキーム

インフラ

論文

  • 2011

    N. Ishimaru, W. Kubo, T. Kitamura, S. Yanagida, Y. Tsukahara, M. Maitani, Y. Wada. “Quasi-gel-state Ionic Liquid Electrolyte with Alkyl-pyrazolium Iodide for Dye-Sensitized Solar Cells” Materials Science and Engineering B, 2011, 176, 996– 1001

  • 2011

    H. Nakajima, M. Yasuda, K. Shimizu, N. Toyoshima, Y. Tsukahara, T. Kobayashi, S. Nakamura, K. Chiba, A. Baba “Stabilization of Excited State Using Through-Space Interaction between Independent π-Systems Mediated by a peri-Substituted Hydroxy Group in 1-Arylnaphthalenes: Unexpected Blue Emission of 1,3,5-Tris(peri-hydroxynaphthyl)benzene” Bull. Chem. Soc. Jpn. 2011, 84, 1118-1129.

  • 2011

    T. Yamauchi, Y. Tsukahara, K. Yamada, T. Sakata, Y. Wada, “Nucleation and Growth of Magnetic Ni−Co (Core−Shell) Nanoparticles in a One-Pot Reaction under Microwave Irradiation” Chem. Mater. 2011, 23, 75-84

寄稿記事

  • 2019.12.17

    電気評論(2019年12月号)「大阪大学発、マイクロ波化学プロセスのグローバルスタンダード化」

  • 2019.09.01

    日本薬学会会誌ファルマシア(2019年55巻9号)「マイクロ波化学の事業戦略と創薬展開」

  • 2019.03.29

    製造プロセスの設計とスケールアップ、連続化(No.1985)「マイクロ波リアクターの適用事例とスケールアップ」