これは世界を変えた、
とある企業の創業ストーリー。

ベンチャーとして
設立したのが2007年。

現在、吹田市にある本社・研究室と
大阪市住之江区の実証設備を拠点に開発を進めています。
2014年には大阪住之江区で世界初となる
大規模なマイクロ波化学工場を立ち上げ、
この工場から製品出荷を実現しました。

現在は、医薬、電子材料、食品など
国内外のさまざまな分野のメーカーや機関と提携し、
事業に加速をかけています。

創業当時、「産業化するのは難しい」というのが世界の常識だった
「マイクロ波プロセス」の事業化に取り組んでいます。

共同創業者、
塚原との出会い。

吉野巌は大学卒業後、三井物産に就職し、化学品を担当していました。
仕事は充実していたと思います。
ただ、新しいことにチャレンジしたいという気持ちが強くなり、
向こう見ずだったかもしれませんが、会社を退職し渡米。
MBAの勉強をする中で、
ベンチャー企業が新しい技術やサービスを事業化し
世の中にインパクトを与える様子を見て、
自分も同様にチャレンジしたいという意思を固めていきました。

そして帰国後の2006年、友人の紹介である男と出会います。
大阪大学大学院の工学研究科でマイクロ波化学の研究をしていた
共同創業者の塚原です。
彼はそれまで出会ったどの研究者とも違いました。
誰よりも一生懸命だった。
もっと言うと「大学のシーズで世界を変えたい」と
本気で思っていました。

その後の一年間、お互い密に連絡を取り合うようになりました。
当時の電話代を思い出すと今でもぞっとします。
それでも「世界中の化学産業を変革しよう」という
二人の気持ちは揺るぎないものになり、
翌年の2007年に会社を設立することになります。

マンションの
一室からのスタート。

始めは自宅マンションの一室からのスタートでした。

起業資金の600万円には創業メンバーの
私と塚原が
全額自己資金をあてましたが、
到底足りないため公的な助成制度から支援を受けることで
資金を調達しました。

ある政府機関から
助成金をいただいた時も、
「どこで研究開発をしているのか」
「マンションの一室で出来るわけ無いだろう」
「新しく研究室を開設しなければ、助成金を停止する」
と言われる始末。
会社設立からわずか1ヶ月で消滅の危機を迎えた訳です。
その後、実験室を貸していただくことができ
何とか壁を乗り越えることができました。

と思いきや、会社を設立1年後に発生したリーマンショック。
全くお金が集まらない状態がしばらく続きました。
そんな中、ベンチャーキャピタルや金融機関、
そして冒頭の政府機関に助けていただきながら、
ギリギリでしのいでいました。

2012年には、本社機能も研究室がある吹田市に移し、
いよいよ事業を本格化することになります。

事業化の壁

マイクロ波技術を化学製品づくりの現場で実用化し、
事業化していくためには、
装置の大型化が必要条件です。
マイクロ波設備の大型化を目的として
冒頭の政府機関から助成金をもらい装置を製作していたのですが、
いきなり大問題が発生しました。
装置にマイクロ波が通らないのです。

国から助成金を受けながら失敗する訳にはいかない。
途方に暮れていた時に、
共同創業者で研究者の塚原から
「マイクロ波が通ったぞ!」
と連絡がありました。
このときの全身で安堵した感覚は今でもよく覚えています。

その後もトライ&エラーを繰り返し、
少しずつ装置を大型化していきました。

ビジネスモデルの壁

現在のビジネスモデルは
「マイクロ波技術のライセンスや共同事業」ですが、
もとからこの形態だったわけではありません。

当初はマイクロ波技術を活用して、
当時注目されていたバイオディーゼルを、
化学メーカーや食品メーカーなどの工場で出てくる廃油を
原料としてその工場内で製造・販売しようと考えていました。

しかしながら、見事に我々の目論見ははずれました。
「マイクロ波って何?
体に悪いんじゃないか?」
「よくわからないものをうちの工場に入れたくない」
保守的なモノづくりの現場では
マイクロ波という新しい概念の技術を受け入れてもらえないのです。
それなら自社でバイオディーゼルの製造をしようと方針転換したものの、
バイオディーゼル市場が一向に立ち上がらない。

その後、「もの」を販売するのではなく、
「マイクロ波を使ってどうやって作るか」という
「モノづくりの方法」自体を、
化学メーカーに販売するという
ビジネスモデルにたどり着きました。

「一号ライン」の壁。
前例がないなら、前例をつくる。

このビジネスモデルで化学メーカーに営業をかけていくわけですが、
ここでも問題が発生します。

先方の担当者に
「消費エネルギーは1/3、工場面積も1/5に削減できる」と伝えると、
最初は興味を持って聞いてくれ、開発がスタートします。

しかし、「ところで、その技術を使ったプラントはどこにあるのか?」と聞かれ、
「御社が第一号になります」と答えると、
だいたいそこで開発がストップ。
要するに、「前例がないものは採用できない」というわけです。

世の中にない技術の実用化に挑んでいるので
前例がないのはある意味当たり前なのですが、
大手がひしめき、安全・安心が重要な化学業界では
過去に実績がないことが大きな障壁だったのです。
私たちはこれを「一号ラインの壁」と呼んでいます。

この壁を打ち破り、
「マイクロ波化学は本当に使える技術だ」と証明するためには、
我々自身が単独で工場を立ち上げるしかないと考えました。
これは
「技術ベンチャーは研究開発だけやっていた方がうまくいく」
というベンチャー界の常識に反することです。

「自社工場を建設する」
会社としての方向性を大きく転換する大決断でした。

資金調達の壁。

工場新設の資金調達のため、
金融機関やベンチャーキャピタルに相談しても、
「ベンチャー企業が工場を単独で建設するなんて無理だ」と、
その当時は相手にもしてくれませんでした。

しかし、そんな中、2011年にUTEC(東京大学エッジキャピタル)から
技術力と将来性が評価され、投資が実現しました。
なんとか工場設立資金に目処がたち、
建設まであと一歩というところで大問題が発生。

工場建設用に抑えていた土地がキャンセルされてしまい、
別の土地を探さなくてはならなくなったのです。
設立資金を調達した金融機関との約束がある。
当初のスケジュール通りに工場が建てられないと
信頼と資金を失い、事業化もストップしてしまいます。

ありとあらゆる関係者の協力を得て
ギリギリのタイミングで新しい土地を抑えることができ、
なんとか工場を建設することが出来ました。

マンションの一室からスタートした当社ですが、
2014年初に世界初の大規模マイクロ波化学工場が
大阪の住之江にある当社大阪事業所内に完成しました。

事業化へ。
小さな会社が世界企業と勝負する。

2014年春より大阪事業所から、
インキ原料となる製品(脂肪酸エステル)の出荷を
国内大手インキメーカーの東洋インキ向けに開始。
私たちがマイクロ波でつくった製品を使って新聞(*)が印刷されました。
*ビジネスモデルの変化に伴い、現在は製品出荷しておりません。

その後、マイクロ波を用いた実証設備も立ち上げました。
次第に「本当にマイクロ波を使ってモノづくりをしている」ということが
化学業界に広まり始め、
最近ではテレビやスマートフォンの部品に使われている電子材料や、
医薬、燃料、食品向け素材など、さまざまなメーカーから
「うちでもマイクロ波を使って材料がつくれるのか」と問い合わせがあります。

2014年には、世界最大手のドイツの化学メーカー「BASF社」と
プラスチックなどの原料となるポリマーの共同開発契約を締結しました。
BASFとの関係が始まったのは2011年。
当初はBASFも他の多くの化学企業と同様、
マイクロ波を使った製造プロセスは大型化することが難しいという
「化学業界の常識」をもっていました。

「ここまで技術開発が進んでいるのか」と驚愕したことで、
共同開発へと一気に進みました。

2017年には、食品素材メーカーの太陽化学と共同で立ち上げた
食品添加物量産工場が竣工し、現在は製品出荷に向け準備を進めています。
そして、2019年には医薬品原料製造工場へ
世界最大級となるマイクロ波反応装置を納品し、
この装置を用いて医薬品原料の製造が開始されます。

世界中の化学産業を、
変革する。

現在はさまざまなプロジェクトが水面下で動いており、
今後このプロジェクトを一気に実現していきます。

創業当時の、
「マイクロ波技術で世界のモノづくりを変えたい」
「新しいテクノロジーベンチャーを日本に起こしたい」
という志が今もなお、私たちの原動力です。

世界の化学・エネルギー産業の市場規模は500兆円あるとされています。
この1%でもマイクロ波に置き換えることができれば、
5兆円規模の産業です。
ここまで持っていくことが当面の目標です。

私たちは世界中の化学産業を変革するために、
これからも挑戦を続けていきます。

Make Wave, Make World. 世界が知らない、世界をつくれ。