核酸医薬合成技術

共にコスト競争力のある
高品質な
核酸医薬製造を
目指しませんか

お客様からのお問い合わせ

  • 「合成サイクルの各反応の時間を短くしたい」
  • 「特殊修飾核酸の縮合収率を上げたい」
  • 「フロー型/バッチ型でスケールアップを目指したい」
  • 「合成不純物を減らすことで、
    オフターゲット作用を抑えたい」

マイクロ波化学の「核酸合成技術」

弊社は、ペプチド医薬製造の事業化を通して得た技術・実績を元に、
新規モダリティとして拡大が期待される核酸医薬の製造コストダウンを目的として
核酸医薬製造へ展開・事業化を検討してまいりました。

マイクロ波を用いた新たな合成技術により、
縮合効率向上や原料当量削減といった効果を確認しております。

プロセスイメージ

プロセスイメージ
マイクロ波を用いた新たな合成法は、ペプチド医薬合成をはじめとする、
これまで弊社が蓄積してきた技術を応用することが可能です。

装置例

1L装置例
<1L装置例>
30L装置例
<30L装置例>
30L装置設計例
<30L装置設計例>

弊社の「核酸」の合成イメージ

弊社の「核酸」の合成イメージ

本技術は、従来の固相法をそのまま応用できるので、製法変更なく、
高品質、高純度かつコストを削除したオリゴ核酸の大量合成が期待できます。