ベンチ・パイロット検証

ベンチ・パイロット検証

反応器の形態に関して特に制限はありません。要するに、流通型、バッチ型、キルン型、ベルトコンベアー型、他、多くが対応可能であり、実績があります。

流通型の場合は、出入り口が開口しているので、チョークなどのマイクロ波の漏れ防止構造が必要です。

  • フロータイプ

    フロータイプ

  • バッチタイプ

    バッチタイプ

  • キルンタイプ

    キルンタイプ

  • ベルトコンベアータイプ

    ベルトコンベアータイプ

一例として、連続フロー式を紹介します。本反応器は、上方に未充填空間を有した横型の流通型マイクロ波化学反応器であり、年間3万トン程度の製造能力を持っています。本反応器は、仕切り板によって仕切られた、直列の複数の室を有し、複数の室に対して共通の未充填空間を有しています。

マイクロ波は、マイクロ波発信器から導波管、そして反応器の未充填空間へ伝送します。

当社のスケールアッププロセスは、①ラボスケール(5-500 mL)→②ベンチスケール(5-50 L)→③パイロットスケール(50-200 L)→④実機(500-2000 L)の4工程です。

すでに年間数万トンのスループットを有する実機を稼働し、マイクロ波工場が実現可能であることを実証しました。

ラボスケールでは、ガラス容器、フッ素材料容器、ステンレス容器を使いますが、ベンチスケール以降は実機を想定した材質の容器を用います。

また適用温度帯は、実績ベースで〜2000℃程度です。低温領域では、マイクロ波凍結乾燥技術において、-50℃, 減圧1 Pa環境下でマイクロ波による氷の昇華プロセス開発を行っています。

研究開発5-500mll / batch

研究開発
フラスコレベル

ベンチスケール5-20L / reactor

ベンチスケール
ポリタンクレベル

パイロットスケール5-200L / reactor

パイロットスケール
ドラム缶レベル

事業化5-2000L / reactor

事業化
工場レベル