PRESS RELEASE

2016.06.07

多置換体ショ糖エステル合成技術の開発に成功 工業用途でサンプル出荷を開始

 多置換体ショ糖エステル合成技術の開発に成功

 工業用途でサンプル出荷を開始

 阪大発ベンチャー、マイクロ波化学株式会社

 

 大阪大学発ベンチャーのマイクロ波化学株式会社(以下、MWCC)(本社:大阪府吹田市、代表取締役社長:吉野 巌)は、

このたび、多置換体ショ糖エステル合成技術の開発に成功しました。今秋には、MWCCの工場内に1バッチ100kgの

製造能力がある設備を構え、サンプル出荷を開始します。

 

 ショ糖エステル※1は、工業用途では一般的に化粧品(乳化剤)や歯磨き粉(発泡剤)、洗剤など幅広く利用されています。

今までは技術障壁の高さから置換数分布の制御が困難でしたが、マイクロ波で製造することにより2、ジ体、トリ体など、

置換数の制御性が高いショ糖エステルの製造が可能になりました。また、製造プロセスを簡略化できるため、

従来品よりも安価に製造できます。

 

 既に食品用途では太陽化学株式会社(本社:三重県四日市市)と合弁会社を立ち上げ、

食品用ショ糖エステルの製造工場(製造能力:1000トン/年)を同社の南部工場内に建設しており、今冬完成予定です。

 

 今後は、化学メーカーに向けた工業用ショ糖エステルの販路拡大に努めます

 

※  1ショ糖エステルとは

食品用途と工業用途の2種類があります。食品用途では缶飲料などに入っている乳化剤(食品添加物)などとして使用されています。

 

※  2マイクロ波による製造とは

モノ体、ジ体、トリ体、テトラ体、ペンタ体、ヘキサ体等の自由設計が可能です。

 

【マイクロ波化学株式会社とは】

大阪大学発ベンチャーとして2007年に創業。電子レンジにも使用されているマイクロ波技術を用いて、

世の中に溢れる化成品が誕生するまでの「製造プロセスそのもの」を変革することで、

世界中の工場の省エネルギー化に挑んでいるテクノロジーベンチャーです。「世界のものづくりを変える」を基本概念として、

大企業、中小企業、研究機関、国など、ものづくりに関わる組織との共同プロジェクトを多数立ち上げ、実用化を進め、

世界最大化学メーカー独BASF社とも共同開発契約を締結しました。化学産業のものづくりは一世紀以上もの間、

変わることがありませんでした。私たちのテクノロジーで化学産業の新しい歴史をつくってまいります。

 

 

【本件に関するお問い合せ】

 管理部 大西

一覧へ戻る

CONTACT US

お問い合わせ先

06-6170-7595

〒565-0871 大阪府吹田市山田丘2番8号 テクノアライアンス棟3階
FAX 06-6170-7596